G Suite for Education 利用規約

本 G Suite for Education 契約(以下「本契約」)は、Google Asia Pacific Pte. Ltd.(会社登録番号 200817984R)(所在地:70 Pasir Panjang Road, #03-01, Mapletree Business City II, Singapore 117371)(以下「Google」)と本契約に同意する組織(以下「お客様」)との間で締結されます。本契約は、お客様が以下の [同意する] ボタンをクリックした日付、または両当事者によって本契約に署名がなされた日付(以下「発効日」)をもって効力を発するものとします。お客様が雇用者または他の当事者の代理で同意する場合、お客様は(i)雇用者またはその他の当事者を本契約の条項に対して拘束する法的な権限を有すること、(ii)本契約を読んで内容を理解していること、ならびに(iii)当事者の代理で本契約に同意することを表明および保証するものとします。お客様が雇用者または他の当事者を拘束する法的権限を有さない場合、以下の [同意する] ボタンはクリックしないでください(または、契約書に署名しないでください)。本契約は、該当する注文フォームからの注文を通じた、お客様による本サービスへのアクセスおよび本サービスの使用について規定するものです。

    • 1. サービス
      • 1.1 施設とデータの転送 お客様データの保存と処理に使用されるすべての施設は、Google 自身の類似情報を保存および処理する施設と同等以上のセキュリティ基準に準拠するものとします。Google は、業界標準以上のシステムと手順を実装して、お客様データのセキュリティと機密性を確保し、お客様データをセキュリティまたは整合性に対する脅威から保護し、お客様データを不正アクセスや不正使用から保護します。本サービスの提供の一部として、Google はお客様データの保存と処理をアメリカ合衆国または Google とその代理店が施設を保有しているその他の国で行う場合があります。お客様は、本サービスを利用することにより、このようなお客様データの転送、処理、および保存について同意するものとします。
      • 1.2 変更
        • (a) 本サービスに対する変更 Google は、本サービスに対して、商業上合理的な変更を随時行うことができます。Google が本サービスに対して重要な変更を加える場合、お客様がそのような重要な変更の通知を受け取るよう Google に登録済みであれば、Google はお客様にかかる通知を行うものとします。
        • (b) URL の条項に対する変更 Google は、URL の条項に対して、商業上合理的な変更を随時行うことができます。Google が URL の条項に対して重要な変更を加える場合、Google は、お客様の通知用メールアドレスへのメール送信または管理コンソールへのアラートによってお客様に通知するものとします。この変更によってお客様に著しい悪影響が及び、お客様がこの変更に同意しない場合、お客様は、変更通知の受領後 30 日以内にヘルプセンターを通じて Google にその旨を通知する必要があります。お客様が Google にこのような通知を行う場合、お客様には、有効期間が終了するまで、引き続き変更前の条項が適用されるものとします。本サービスを更新された場合には、更新時において有効な URL の条項が適用されます。
      • 1.3 エイリアス お客様は、お客様ドメイン名の「abuse」エイリアスおよび「postmaster」エイリアスに送信されるメールを監視する、返信する、あるいはその他の方法で処理する責任を単独で負うものとします。ただし、お客様ドメイン名のこれらのエイリアスに送信されるメールは、本サービスの不正使用を特定するために Google が監視するものとします。
      • 1.4 広告 Google が本サービス上で広告を配信したり、広告を目的としてお客様データを使用したりすることはありません。
      • 1.5 エンドユーザー アカウント お客様は次の方法でエンドユーザー アカウントを要求することができます。(i)管理コンソール経由でオンラインで要求する、または(ii)サービス開始日後に Google サポート担当者に連絡する。お客様は管理コンソールを通してエンドユーザー アカウントをいつでも停止または削除できます。
      • 1.6 Google Vault お客様が Google Vault を購入した場合、以下の追加規約が適用されます。
        • a. 保持 Google は、アーカイブされたお客様のデータを、お客様によって指定された保持期間(記録保持(リティゲーションホールド)を目的とする場合を除く)を超えて保存する義務を負いません。お客様が Google Vault を更新しない場合、Google はアーカイブされたお客様データを保持する義務を負いません。
        • b. Google Vault の初回購入 Google Vault の初回購入時に、お客様は、G Suite for Education のエンドユーザー アカウントを有するそのすべての教職員用に Google Vault のエンドユーザー アカウントを購入することに同意するものとします。お客様は在学生および卒業生向けの Google Vault を無料で使用できます。
        • c. 追加の教職員エンドユーザー アカウント お客様が Google Vault の初回購入後に教職員エンドユーザー アカウントの購入を行い、それと同じサービス期間内に当初購入したアカウント数の 20% 以上にあたる教職員エンドユーザー アカウントをさらに追加する場合、お客様は、その Google Vault サービス期間の残り期間用に、追加したアカウント分の Google Vault を購入することに同意するものとします。また、請求開始応当日ごとに、お客様は、元々購入していた教職員エンドユーザー アカウントに追加する形で購入したアカウント分の Google Vault を、その Google Vault サービス期間の残り期間用に購入することに同意するものとします。
    • 2. お客様の義務
      • 2.1 使用の許可 本サービスは、(a)非営利の教育機関、および(b)その他の非営利団体(適用法令の定義に従います)にのみ、その使用を許可します。
      • 2.2 契約の準拠 お客様は、利用規定に従って本サービスを使用するものとします。Google は、本サービス用の追加のアプリケーションや機能を随時提供することがあります。このようなアプリケーションや機能を使用するには、お客様が追加条項に同意することが条件となる場合があります。また、Google では、Google Workspace以外のサービス規約と該当するサービス固有の Google 利用規約に準拠して、(本サービス以外の)他のGoogle Workspace以外のサービスをお客様とお客様のエンドユーザーに提供します。お客様がGoogle Workspace以外のサービスを有効にすることを希望されない場合、お客様はいつでも管理コンソールからそれらのサービスを有効または無効にすることができます。
      • 2.3 お客様による本サービスの管理 お客様は、管理者アカウントにアクセスしてエンドユーザー アカウントを管理する権限を有する 1 人または複数の管理者を管理コンソールで指定できます。お客様は、(a)パスワードと管理者アカウントの機密性を保持し、(b)管理者アカウントへのアクセスを許可するユーザーを指定し、(c)管理者アカウントでのすべての活動が本契約に従うことを保証する責任を負うものとします。お客様は、お客様の本サービスの内部管理および運営に関して、Google の責務が及ばないこと、また Google がデータ プロセッサにすぎないことに同意するものとします。
      • 2.4 エンドユーザーの同意 お客様の管理者は、エンドユーザー アカウントでエンドユーザーが入手可能なデータをアクセス、監視、使用、または公開することができます。お客様は、(i)このようなデータをお客様がアクセス、監視、使用、または公開でき、Google がそのような権限をお客様に提供していること、および(ii)Google が本サービスを提供することについて、エンドユーザーから必要なすべての同意を得るものとします。
      • 2.5 不正使用 お客様は、本サービスの不正使用を防止し、不正使用をやめさせるための商業上合理的な努力を行うものとします。お客様は、本サービスの不正使用または不正アクセスを発見した場合は直ちに Google へ通知するものとします。
      • 2.6 使用に関する制限 Google が書面で同意しない限り、お客様は次のことを行わず、第三者が同様の行為を行わないよう商業上合理的な努力を行うものとします。(a)本契約で明示的に承認されている場合を除き、本サービスを第三者に販売、再販、賃貸、その他機能的にこれらと同等な行為を行うこと、(b)本サービスまたはその任意の部分のリバース エンジニアリングを試みること、(c)本サービスの使用やアクセスによって、代替サービスまたは類似サービスの作成を試みること、(d)危険度の高い活動に本サービスを使用すること、(e)輸出規制法により輸出が規制されるお客様データの保存または転送に本サービスを使用すること。
      • 2.7 第三者からの要求 お客様は、第三者からの要求に対応する責任を負うものとします。Google は、法律および本項「第三者からの要求」によって許される範囲で、(a)第三者からの要求を受け取ったことを速やかにお客様に通知し、(b)第三者からの要求に対抗するための取り組みに関するお客様の合理的な求めに従い、(c)お客様が第三者からの要求に対応するために必要な情報やツールを提供するものとします。お客様は、まず第三者からの要求に対応するために必要な情報を独自に取得することを試み、これが合理的に取得できない場合に限り、Google に連絡するものとします。
    • 3. 支払い 本サービスのいずれかを有料で購入する場合、それらのサービスにはこの第 3 項の条項が適用されます。
      • 3.1 お支払い すべての料金の支払い期限は請求日から 30 日以内とします。すべての支払いは請求書に記載された通貨および支払方法によりなされるものとします。
      • 3.2 支払いの滞納 滞納した支払いについては、支払い期日から全額が支払われるまでの間、月利 1.5 %(法定金利の最高率より高い場合は法定金利の最高率)の利子が発生します。お客様は、滞納金が Google の請求の誤りに起因する場合を除き、滞納金の回収にかかった合理的な費用(弁護士費用を含む)をすべて負担するものとします。
      • 3.3 注文書
        • a. 必要な場合 お客様が請求書への注文書番号の記載を必要とされる場合、お客様は Google に通知し、Google に対して注文書を発行するものとします。お客様が注文書を必要とされるにも関わらず、Google に注文書を発行しなかった場合、Google は注文書を受領するまで本サービスを提供する義務を負いません。注文書に記載される一切の条項および条件は、本契約に適用されず、一切無効です。
        • b. 不要な場合 請求書に注文書番号の記載が必要でない場合、お客様は、注文書に関する要求の権利放棄書(その趣旨のメールによる場合も有効とする。)をGoogle に提出するものとします。お客様が注文書に関する要求を放棄する場合、(a)Google はお客様に対し注文書なしで請求を行い、(b)お客様は注文書のない請求書への支払いに同意するものとします。
      • 3.4 税金 すべての税金はお客様の負担となります。また、お客様は、いかなる税金も差し引くことなく本サービスの料金を Google に支払うものとします。Google が税金を回収する義務または支払う義務を負う場合、税金はお客様に請求されます。ただし、所轄税務署が承認する有効な非課税証明書をお客様が Google に提出した場合を除きます。お客様が Google への支払いから税金を差し引くことを法律で求められる場合、お客様は正式な税金徴収証明書またはかかる支払いを裏付ける他の適切な文書を Google に提供する必要があります。
      • 3.5 請求書に関する異議 請求書に関するいかなる異議も、請求書の支払い期日より前に申し立てる必要があります。両当事者が特定の請求の誤りの原因が Google にあると判断した場合、Google は修正した請求書は発行しませんが、代わりに問題の請求書の誤った金額を示したクレジット メモを発行します。異議申し立てのあった請求書が未払いの場合、Google は異議申し立てのあった請求書にクレジット メモの金額を適用し、お客様はその請求書の差額を支払う責任を負うものとします。
    • 4. 請求する料金 本サービスのいずれかを有料で購入する場合、それらのサービスにはこの第 4 項の条項が適用されます。請求開始日以降、Google は該当する各サービスについて、お客様に次の料金を請求します。前払いとして、注文フォームに表記される毎月の料金、毎年の料金、または初期期間の料金(該当するもの)。
    • 5. 技術サポート サービス
      • 5.1 お客様による技術サポート サービス お客様は、エンドユーザーまたは第三者による、お客様またはエンドユーザーのサービス利用に関する質問や苦情に対して、自己負担で対応するものとします。お客様は、サポートが必要な問題を Google にエスカレーションする前に、商業上合理的な努力によって解決に取り組むものとします。
      • 5.2 Google による技術サポート サービス お客様が上記に従って問題を解決できない場合、お客様は、TSS ガイドラインに従って問題を Google にエスカレーションすることができます。Google は TSS ガイドラインに従ってお客様に TSS を提供します。
    • 6. 停止
      • 6.1 Google によるエンドユーザー アカウントの停止 Google は、エンドユーザーによる本契約の違反を発見した場合、お客様に当該エンドユーザー アカウントの停止を要請します。お客様が Google のエンドユーザー アカウントの停止要請に従わない場合、Google は自ら当該アカウントを停止することができます。Google による停止期間は、当該エンドユーザーが停止の原因となっている違反行為を改めるまで続行されます。
      • 6.2 緊急のセキュリティ問題 上記にかかわらず、緊急のセキュリティ問題が発生した場合、Google は問題のある使用を自動的に停止することがあります。停止の範囲と期間は、緊急のセキュリティ問題を防止または解決するために必要最低限のものとなります。Google がお客様に事前に通知せずに何らかの理由でエンドユーザー アカウントを停止する場合、お客様の要請に応じて、Google はできる限り速やかに停止の理由を提供するものとします。
    • 7. 機密情報
      • 7.1 義務 各当事者は、(a)自身の機密情報を保護する場合と同等の注意を払って相手方の機密情報を保護し、(b)知る必要があって書面で機密の保持に合意した関連会社、社員および代理人以外の人物に対して機密情報を開示しないものとします。各当事者(ならびに機密情報の開示を受けた関連会社、社員および代理人)は、本契約の下での権利の行使および義務の履行以外の目的で、機密情報を利用することはできず、利用する際は情報の保護に合理的な注意を払うものとします。各当事者は、本項の違反に関するその関連会社、社員および代理人の行為に対して責任を負うものとします。
      • 7.2 例外 機密情報には、(a)機密情報の受領者が既に知っていた情報、(b)受領者の責によらず周知となる情報、(c)受領者が独自に開発した情報、および(d)受領者が第三者から正当に受け取った情報は含まれません。
      • 7.3 要請による開示 各当事者は、法律の要請により、法的に許される場合には(a)商業上合理的な努力により相手方に通知し、(b)開示に対する異議申し立てを行う機会を相手方に与えたときに限り、かかる開示を行うことができます。
    • 8. 知的所有権、ブランド
      • 8.1 知的所有権 ここに明示的に記載される場合を除き、本契約は、各当事者のコンテンツまたはその他の知的財産に対する何らかの権利を、黙示的またはそれ以外の方法で、相手方に与えるものではありません。両者の関係において、お客様は、お客様データに含まれるすべての知的所有権を所有し、Google は本サービスに含まれるすべての知的所有権を所有します。
      • 8.2 ブランドの表示 Google は、サービス ページの指定された領域に、お客様が承認したお客様のブランドを表示することができます(お客様はブランドを本サービスにアップロードすることにより、ブランドを承認したことになります)。お客様は、管理コンソールを使用して、この使用法を指定できます。また、Google は、本サービスが Google によって提供されていることを示すために、サービス ページに Google ブランドを表示することもできます。いずれの当事者も、書面による事前の許可なしに、本契約で許可される範囲を超えて相手方のブランドを表示または使用しないものとします。
      • 8.3 ブランドの制限事項 当事者によるブランドの使用は、そのブランドに関する知的所有権を保有する当事者の利益につながるものであることを条件とします。当事者は、本契約に準じて相手方がブランドを使用する権利を、書面で相手方に通知し、合理的な期間を経た上で、取り消すことができます。
    • 9. 広報活動 お客様は、Google がオンラインまたは宣伝資料において Google の顧客リストにお客様の名前またはブランドを表示することに同意するものとします。また、Google がお客様を本契約の対象となる Google 製品またはサービスの顧客として口頭で言及することにも同意するものとします。この項は第 8.3 項の規定に従います。
    • 10. 表明、保証、免責
      • 10.1 表明および保証 各当事者は、本契約を締結するための完全な権限を有することを表明します。各当事者は、本サービスの規定または使用に適用されるあらゆる法令(該当するセキュリティ違反の通知に関する法令を含む)に従うことを保証するものとします。Google は、該当する SLA に準拠して本サービスを提供することを保証するものとします。
      • 10.2 免責 本項で明記された場合を除き、該当する法律によって許可される最大限の範囲で、両当事者は、商品性、特定目的への適合性、権利の非侵害を含め(ただし必ずしもこれらに限定されない)、明示的か黙示的かを問わず、いかなる種類の担保責任、条件、条項、表明および誓約も否認するものとします。法律によって許可される最大限の範囲で、Google は、本サービスを通じてアクセスできるコンテンツまたは情報に関して、一切の表明を行わないものとします。お客様は、本サービスが電話サービスではないこと、本サービスを使用して緊急電話を含む公共の電話回線網を介した電話の送受信をすることはできないことを認めるものとします。
    • 11. 期間、料金
      • 11.1 契約期間 本契約は期間中は有効です。
      • 11.2 サービス期間およびサービス期間中の購入 Google は、本サービスの期間中、お客様に本サービスを提供します。当事者が特に書面で同意しない限り、サービス期間中に追加されたエンドユーザー アカウントには、そのサービス期間の終了日に終了する比例配分期間が適用されます。
      • 11.3 自動更新 各サービス期間が終了すると、本サービス(および以前に有料で購入したすべてのエンドユーザー アカウント)について、12 か月間の自動更新が行われます。いずれかの当事者が本サービスの更新を希望しない場合は、現在のサービス期間が終了する 15 日以上前に相手方に書面で通知する必要があります。更新を行わない旨のかかる通知は、現在のサービス期間が終了した時点で有効になるものとします。
      • 11.4 料金 初期期間中、Google はお客様に本サービスの料金を請求しません(Google Vault または有料ストレージの料金は除きます(該当する場合))。両当事者の書面による同意に基づき、Google は、(a)初期サービス期間後にお客様に本サービスの料金を請求することができ、(b)本サービスのプレミアム バージョンまたは Google によって本サービスに追加されるオプションの機能や拡張機能(Google Vault または有料ストレージなど(該当する場合))についてお客様に料金を請求できるものとします。
      • 11.5 サービスの使用 お客様は、本サービスを使用する義務を負わず、理由の有無に関わらずいつでも本サービスの使用を停止できるものとします。
      • 11.6 料金設定の改定 Google は、お客様が有料で購入した本サービスについて、次のサービス期間の開始日の 30 日前までにお客様に書面(メールを含む)で通知することにより、次のサービス期間の料金設定を改定できるものとします。
    • 12. 契約終了
      • 12.1 違反による終了 各当事者は、次の場合に履行を一時停止する、または本契約を終了することができます。(i)相手方が本契約の重大な違反を犯し、書面による通知の受領後 30 日以内に違反を解消しない場合、(ii)相手方が事業を終了するか、破産管理下にあって 90 日以内に破産手続きが却下されない場合、(iii)違反の解消にかかわらず、相手方が 3 回目の重大な違反を犯した場合。
      • 12.2 その他の理由による終了 お客様は、Google に 30 日前に申し出れば、理由の有無に関わらず本契約を終了できます。ただし、お客様は、お客様が購入した本サービスについては、それらのサービスの残りのサービス期間に該当する料金を引き続き支払う義務を負います。
      • 12.3 終了の効果 本契約が終了する場合、(i)一方の当事者から他方の当事者に与えられた権利は直ちに停止され(本項に記載されている場合を除く)、(ii)Google は 本サービスに係るGoogle のその時点の相場で(該当する場合)、商業上合理的な期間、お客様がお客様データにアクセスしてエクスポートする能力を提供し、(iii)商業上合理的な期間の後、Google は Google のアクティブ サーバーでお客様データへのポインターを削除し、順次上書きすることによってお客様データを削除し、(iv)要請に応じて各当事者は、商業上合理的な努力によって直ちに相手方のすべての機密情報を速やかに返却または破棄するものとします。
    • 13. 補償
      • 13.1 Google による補償 Google は、お客様に対し、本サービスまたは Google ブランドを提供するために使用される Google の技術が、第三者の特許、著作権、企業秘密、または商標権を侵害または乱用しているとの申し立てに基づくまたは起因とする、第三者からの保証責任、損害、損失および費用(和解費用および合理的な弁護士費用を含む)において、補償、抗弁、免責するものとします。上記にかかわらず、Google はいかなる場合においても、本条項において、次を起因とする義務または責任を負わないものとします。(i)修正した形式での本サービスまたは Google ブランドの使用、または Google から提供されていない素材との組み合わせによる使用、および(ii)お客様、エンドユーザー、または他の第三者から提供される一切のコンテンツ、情報、またはデータ。
      • 13.2 侵害の可能性
        • (a) 修復、交換、または変更 本サービスが第三者の知的所有権を侵害していると Google が合理的に判断した場合、Google は、(a)お客様が引き続き本サービスを利用できるように Google の負担でその権利を取得する、(b)権利を侵害しない同等の機能を提供する、または(c)権利を侵害しないように本サービスを変更するものとします。
        • (b) 停止または終了 上記のいずれもが商業上合理的でないと Google が判断した場合、Google は対象のサービスのお客様による使用を停止または終了することができます。Google が対象のサービスを終了する場合、Google は、お客様が実際に支払った料金のうち、当該サービス終了後の期間に該当する金額を払い戻すものとします。
      • 13.3 全般 お客様は、申し立てについて Google に速やかに通知し、申し立ての抗弁で Google と協力するものとします。Google は、その抗弁に関する完全な統制と権限を持ちます。ただし、(a)お客様に責任の受容や金銭の支払いを要求する和解には、お客様の書面による事前の同意が必要であり、そのような同意は不当に保留または遅延されてはならないものとし、また、(b)お客様は自らの費用負担で専任した弁護人と相談の上、抗弁に応じることができるものとします。上記の補償が、Google による第三者の知的所有権の侵害に対する本契約の下での当事者の唯一の救済措置です。
    • 14. 責任の制限
      • 14.1 間接責任に関する制限 法律により許可される範囲において、いずれの当事者も本契約の下で、利益の損失、または間接的損害、特別損害、偶発的損害、結果的損害、または懲罰的損害、損失もしくは費用について、一切の責任を負わないものとします。当事者がそのような損害、損失もしくは費用の発生の可能性について事前に知らされていた場合、および直接損害が救済措置の要件を満たさない場合も同様です。
      • 14.2 責任の上限 法律により許可される範囲において、各当事者が本契約の下で負う責任は、(i)1,000 ドル、または(ii)責任が発生する出来事からさかのぼって 12 か月間に本契約に基づいてお客様が Google に支払った金額のいずれか高い方を上限とします。
      • 14.3 責任の例外 責任の例外は、該当する法律で許可される最大限の範囲で適用されますが、当事者の知的所有権に対する相手方の違反、または補償義務に関しては適用されません。
    • 15. その他
      • 15.1 通知 本書に別段明記されていない限り、(a)すべての通知は書面で行い、相手方の法務部および主要な連絡先に送付するものとし、(b)通知は、(i)クーリエ便、宅配便の場合は書面で確認された時点、受領確認のない郵便の場合は受領時、(ii)ファクシミリやメールの場合は、自動受信または電子ログで確認された時点で通達されたものとみなされます。
      • 15.2 権利の譲渡 いずれの当事者も、相手方の書面による同意なしに本契約のいずれの部分の権利も譲渡または委任することはできません。ただし、(a)譲受人が本契約の条項に拘束されることに書面で同意し、(b)譲渡人が譲渡より前に本契約の下で発生した義務の責任を引き続き負う場合に限り、関係者に譲渡することができます。その他一切の委任または譲渡は無効とします。
      • 15.3 支配権の変更 支配権の変更(Google およびその関連会社の社内再編または組織変更に関連する場合を除き、株式購入、買収、合併、その他の企業取引など)が発生した場合、(a)支配権の変更が発生した当事者は、変更後 30 日以内に相手方に書面で通知するものとし、(b)相手方は、支配権の変更から(a)項の書面による通知の受領 30 日後までの間、いつでも直ちに本契約を終了することができます。
      • 15.4 不可抗力 いずれの当事者も、当事者の合理的な制御が及ばない状況(自然災害、戦争、テロ行為、暴動、労働争議、行政措置、インターネット障害など)の結果生じる不十分な履行の責任を負わないものとします。
      • 15.5 権利の非放棄 本契約のいずれかの規定を実行しない場合でも権利放棄とはみなされないものとします。
      • 15.6 分離可能性 本契約のいずれかの規定が施行不能であると認められた場合でも、本契約の残りの部分は引き続き完全な効力を有します。
      • 15.7 代理権の不在 両当事者は独立した契約者であり、本契約により委託、提携、出資提携を構築するものではありません。
      • 15.8 第三者受益者の不在 別段明記される場合を除き、本契約のいかなる定めも、本契約の当事者以外の者に対して、何ら権利またはその他の恩恵を生じさせず、また与えないものとします。
      • 15.9 衡平法上の救済 本契約のいかなる規定も、衡平法上の救済を求める各当事者の権利を制限しないものとします。
      • 15.10 準拠法 本契約は、日本法の法選択に関する規定を除き、日本法に準拠するものとします。本契約に起因または関連する紛争について、両当事者は、東京地方裁判所の専属的管轄権に服することに同意するものとします。
      • 15.11 修正 本契約の修正は、書面にて行い、本契約を修正するものであることを明示的に記述する必要があります。
      • 15.12 効力の存続 第 7 項(機密情報)、第 8.1 項(知的所有権)、第 12.3 項(終了の効力)、第 13 項(補償)、第 14 項(責任の制限)、第 15 項(その他)、および第 16 項(定義)は、本契約の満了または終了以降も効力が存続するものとします。
      • 15.13 完全合意 本契約、および参照されたすべての文書は、本件に関わる当事者の完全な合意であり、以前または現在のすべての合意に優先し、取って代わるものとします。お客様に対して、ログイン時に本サービスの使用に関して同様の契約が表示された場合は、本契約を優先し、本契約がその契約に取って代わるものとします。URL で指定された条項および本契約で参照された条項は、参照することにより本契約の一部とみなされます。
      • 15.14 矛盾する条項の解釈 本契約を構成する文書間に矛盾がある場合、文書は注文フォーム(該当する場合)、本契約、任意の URL で指定された条項の順で優先されます。
      • 15.15 正副本 当事者は本契約を、ファクシミリ、PDF、またはその他の電子コピーを含めた該当する注文フォーム(該当する場合)、または本契約書の正副本で締結することができ、これらの正副本は併せて一つの文書を構成するものとします。
      • 15.16 再委託 Google は、他方当事者の事前の書面による同意なく、本契約に基づく自らの義務の全部または一部を再委託する権利を留保します。ただし、再委託を行う当事者は、再委託された一切の当該義務に完全に責任を負い続け、自らの再委託先業者の作為および/または不作為について、かかる作為および/または不作為が自らによるものであるものとして、両当事者間において全面的な責任を負うことを承諾します。
    • 16. 定義
      • 利用規定」とは、https://workspace.google.com/intl/ja/terms/use_policy.htmlまたは Google が提供する他の URL に記載されている本サービスの利用規定のことです。
      • 管理者アカウント」とは、本サービスを管理する目的で、Google よりお客様に提供する管理アカウントのことです。管理者アカウントの使用には、Google よりお客様に提供するパスワードが必要です。
      • 管理コンソール」とは、お客様がレポート機能やその他の管理機能を利用するために Google より提供するオンライン ツールのことです。
      • 管理者」とは、お客様の代理でエンドユーザー向けサービスを管理する、お客様が指定した技術担当者のことです。
      • 広告」とは、Google によりエンドユーザーに対して表示されるオンライン広告のことです。ただし、お客様が本サービスと共に使用することを選択した、本サービスに含まれない広告サービス(Google AdSense など)によって提供される広告は除きます。
      • 関係者」とは、その当事者を直接的または間接的に管理しているか、その当事者によって管理されているか、その当事者と共通の管理下にある団体のことです。
      • 契約」とは、本 G Suite for Education 契約、または注文書と本 G Suite for Education 契約の組み合わせのことを適宜指します。
      • 卒業生」とは、お客様の卒業生または以前の在学生のことです。
      • 毎年の料金」とは、注文フォームに記載されている本サービスに対する毎年の料金のことです(該当する場合)。
      • 請求開始日」とは、お客様が本サービスの支払いを開始する日のことです(該当する場合)。
      • ブランド」とは、各当事者の商号、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、およびその他の特有の表示であり(また、当事者が Google である場合には、Google 関連会社のブランドが含まれます)、当該当事者によって随時保護されます。
      • 機密情報」とは、本契約の当事者間で機密として開示された情報、または機密であると通常みなされる情報をいいます。お客様データは、お客様の機密情報とみなされます。
      • お客様データ」とは、お客様またはエンドユーザーが、本サービスを介して提供、生成、送信、または表示するメールなどのデータのことです。
      • お客様ドメイン名」とは、お客様が所有または管理するドメイン名のことです。お客様ドメイン名は、本サービスに関連して使用され、注文ページで指定されます。お客様は、書面による Google の許可なしに、本サービスを任意のサブドメインに提供できます(たとえば、お客様ドメイン名が「edu.com」の場合は、「alumni.edu.com」などのサブドメイン)。
      • 発効日」とは、本契約に連署がなされた日付のことです。
      • 緊急のセキュリティ問題」とは、(a)(i)本サービス、(ii)他のお客様による本サービスの使用、(iii)本サービスを提供するために使用される Google ネットワークまたはサーバーを混乱させる可能性のある、利用規約に違反するお客様による本サービスの使用、または(b)許可のない第三者による本サービスへのアクセスのいずれかのことです。
      • エンドユーザー」とは、お客様が本サービスの使用を許可する個人のことです。
      • エンドユーザー アカウント」とは、エンドユーザーによる本サービスの使用を可能にする目的で、お客様が本サービスを通じてエンドユーザー向けに開設した、Google がホストするアカウントのことです。
      • 輸出規制法」とは、輸出および再輸出についての該当するすべての法律および規則のことです。この法律および規則には、米国商務省が管理する輸出管理規則(以下「EAR」)、米国財務省対外資産管理局が管理する貿易制裁および経済制裁、米国務省が管理する国際武器流通規定(以下「ITAR」)が含まれます。
      • 料金」とは、本サービスについて Google よりお客様に請求される金額のことで(該当する場合)、本契約に記載されています。
      • ヘルプセンター」とは、https://support.google.com/?hl=ja または Google が提供する他の URL からアクセスできる Google のヘルプセンターのことです。
      • 危険度の高い活動」とは、核関連施設、航空管制、生命維持装置の運用など、本サービスの使用または障害が死亡、人身傷害、または環境破壊につながる可能性がある用途のことです。
      • 知的所有権」とは、特許法、著作権法、営業秘密法、商標法、著作者人格権法、およびその他同様の法律の下で、現在および将来にわたって世界的に有効である権利をいいます。
      • 初期サービス期間」とは、サービス開始日から始まり、注文フォームに記載されている「現在のサービス期間」中は継続する当該サービスの期間のことです(本サービスに注文フォームが適用される場合)。本サービスに注文フォームが適用されない場合は、発効日から ___継続する期間のことです。
      • 初期期間の料金」とは、注文フォーム(該当する場合)に記載されている、初期サービス期間中の本サービスの料金のことです(該当する 1 回限りの料金は除く)。
      • 毎月の料金」とは、注文フォームに記載されている毎月の料金のことです(該当する場合)。
      • Google Workspace以外のサービス」とは、本サービスには含まれていないものの、エンドユーザーが各自のエンドユーザー アカウントのログインおよびパスワードを使用してアクセスできる Google サービスのことです。Google Workspace以外のサービスについては、https://support.google.com/a/answer/181865?hl=ja または Google が提供する他の URL に記載されています。
      • Google Workspace以外のサービス規約」とは、https://workspace.google.com/intl/ja/terms/additional_services.html または Google が随時提供する他の URL に記載されている規約のことです。
      • 通知用メールアドレス」とは、Google からのメール通知を受け取るためにお客様が指定するメールアドレスのことです。お客様は、このメールアドレスを管理コンソールから変更できます。
      • 注文フォーム」とは、Google が提供する書面の注文フォームのことで、お客様が本契約に基づいて Google から有料で(料金がかかる場合)購入するサービスを指定するものです。注文フォームには、(i)お客様、またはお客様および Google の署名欄、(ii)該当するサービスの SKU、(iii)料金(該当する場合)、および(iv)すべてのエンドユーザー アカウントの数および現在のサービス期間が含まれます。
      • 注文書」とは、お客様が発行した購入に関する注文書のことです。
      • 本サービス」とは、本契約に基づいて Google が提供し、お客様が利用する G Suite for Education コアサービス、Google Classroom 、および Google Vault サービス(該当する場合)のことです。本サービスについては https://workspace.google.com/intl/ja/terms/user_features.htmlまたは Google が提供する他の URL に記載されています。
      • サービス開始日」とは、Google がお客様に対してサービスを利用可能にした日付です。
      • サービス ページ」とは、エンドユーザーに対して本サービスを表示するウェブページのことです。
      • サービス期間」とは、該当する本サービスの初期サービス期間およびすべての更新期間のことです。
      • SLA」とは、https://workspace.google.com/intl/ja/terms/sla.htmlまたは Google が提供する他の URL に記載されているサービスレベル契約のことです。
      • 教職員」とは、お客様が雇用している、または雇用していた個人のことです(教員を含む)。教職員でもある在学生または卒業生は、過去 12 か月以内にお客様によって雇用されていた場合、本契約に基づき教職員であるとみなされます(在学生または卒業生の定義からは除外されます)。
      • 在学生」とは、お客様が提供するクラスに過去 12 か月以内に登録されていた個人のことです。
      • 停止」とは、本サービス、または本サービスの一部へのアクセスを直ちに無効にして、本サービスを使用できなくすることです。
      • 」とは、本サービスの販売に関連した、Google の所得税以外のあらゆる税金または関税のことです。
      • 期間」とは、本契約の期間のことです。期間は発効日に開始し、(i)最後のサービス期間の終了日まで、または(ii)本契約に記載されているように本契約が終了するまで継続します。
      • 第三者からの要求」とは、エンドユーザーによる本サービスの使用に関連する記録に対する、第三者からの要求のことです。第三者からの要求には、合法的な捜査令状、裁判所命令、召喚状、その他の有効な法的命令、またはエンドユーザーからの開示同意書などがあります。
      • TSS」とは、TSS ガイドラインに定められた期間中、管理者に対して Google より提供される技術サポート サービスのことです。
      • TSS ガイドライン」とは、本サービスに対してその時点で有効な Google の技術サポート サービス ガイドラインのことです。その詳細は https://workspace.google.com/intl/ja/terms/tssg.html または Google が提供する他の URL に記載されています。
      • URL の条項」とは、「利用規定」、「SLA」、および「TSS ガイドライン」のことです。